2007年10月14日

世界ロードランニング結果(10/14)

世界ロードランニング結果(イタリア・ウディネ・IAAF)
男女とも好記録が出たようです。

男子
1:Tadese Zersenay(ERI)     58:59
2:Musyoki Patrick Makau(KEN)  59:02
3:Cheruiyot Evans Kiprop(KEN)  59:05
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9:佐藤敦之(中国電力)     1:00:25 (日本新・アジア新)
30:前田和浩(九電工)      1:02:08 (自己新)
33:野口憲司(四国電力)     1:02:20 (自己新)
54:西村哲生(YKK)       1:03:41


佐藤敦之選手が高橋健一選手の持つハーフマラソンの日本記録を
更新する快走で見事9位に食い込みました。
その他前田選手、野口選手も自己新記録の好走を見せたようですね。

なお優勝候補とも目されていたケニアのワンジル選手(トヨタ九州)は
1:03:31の51位と大敗した模様。どうした事でしょうか。

女子
1:Kiplagat Lornah(NED)      1:06:25 (世界新)
2:Keitany Mary Jepkosgei(KEN)   1:06:48
3:Chepchumba Pamela(KEN)     1:08:06
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
7:大崎千聖(三井住友海上)     1:08:56 (自己新)
12:平良茜(パナソニック)     1:09:17 (自己新)
13:尾崎好美(第一生命)      1:09:26 (自己新)
26:町田祐子(日本ケミコン)    1:11:55
39:中村友梨香(天満屋)      1:13:13


ローラ・キプラガト選手(オランダ)が1時間06分25秒の世界新記録樹立です。
今までの世界記録はエレナ・マイヤー選手(南アフリカ)の1時間06分44秒。
あのラドクリフ選手でさえ超えられなかったこの記録を、
約8年半ぶりに更新しました。

日本勢は大崎選手が自己新記録で7位に食い込む大健闘。
また平良選手、尾崎選手も自己新記録の好走でした。
posted by 宗太郎峠 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会関連07年下期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60671922

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。